FACT101

【イラストレーター・雨宮 透】ダークだけどカッコ可愛い中毒性のあるスチームパンクな作風が ティーン層を中心に支持を得る

 どこかダークでレトロフューチャーな世界を描く、スチームパンク。自身のアイコンもそうだが、雨宮透の作品の中には、ガスマスクを用いた作品がいくつか見受けられる。基本的にはダークな世界観の中で描かれているのだが、時にカッコよく、可愛く感じてしまう作風がSNSにて、ティーン層を中心に支持を広げている。

しろやぎさん

 そんな特徴的な絵を描く雨宮さんだが、とにかく線が細かい。非常に緻密で繊細なタッチで描く中で、時にダーク、時にホワイトでファンタジーな異世界作品をいくつも目にした。とくにかく魅入った。個人的には、2017年5月19日に投稿されている「魔法のお店」と題した作品は、雨宮さんの圧倒的な画力を再認識させられるほどタッチが細かい。雨宮さんのSNSを追っていると、2018年頃からキャッチーなスチームパンクのキャラクターを目にする。この辺の作風の変化については後ほど質問をしてみようと思う。

cocktail Head`s cafe bar

 最近では、サンキューマートさんとコラボして、可愛いポーチや缶バッジなどキーホルダーなどの販売や、スウェットやジャージのデザインを手掛けるなど、雨宮さんの作品が様々なアイテムとなってファンに届くようになった。この辺も含めいくつか質問をしてみた。

Q1. 雨宮さんが絵を描き始めたのはいつ頃でしょうか? そしていつ頃から絵を仕事にしようと?

A. 小さい頃からずっと描いてました。授業中もノートに落書きばかりしてました。絵を仕事にしたいというのは学生の頃からずっと思っていました。

Q2. ガスマスクなどのキャラクターなど、いわゆるスチームパンクな世界観と評される 事が最近多いかと思いますが、現在の作風になったのはいつ頃でしょうか?

A. 2018年ごろかと思います。一回たまたま描いた時に、周りに良いと褒めてもらえて調子に乗って沢山描きました。そのうち自分もその世界が好きになり、自分の描く世界にスチームパンクの要素を入れるようにしました。

Q3. 雨宮さんの中で、絵を描かれる際に特にこだわっている事、ポリシー的なものは?

A. 自分が描いてて面白いか面白くないかということでしょうか。面白くないと思って書き進めても良いものにならないことが多いと思いました。

Q4. 今後、作品制作などを含めて調整してみたい事などがあれば教えてください。

A. 今までは一枚のイラストにストーリーを持たせることが多かったのですが、映像や漫画などで物語を深くしていきたいです。

Q5. 最後に雨宮さんにとって「絵を描く」とは何でしょうか?

A. 息をすることとおなじです。やめたら死ぬと思います。どんな形であれ続けていきたいです。

雨宮 透さん、ご質問にお答えいただきありがとうございました。

雨宮 透
どこかダークでレトロフューチャーな世界を描く、スチームパンクな作風からティーン層を中心にSNSで話題に。ただ決して、その型にハマることはなく、ミュージックビデオなどでは、陰、陽の非現実的な異世界を見事に描き分ける創造力で見る人を楽しませるなど活動も幅広い。今後も目が離せない注目のイラストレーター。

Twitter:https://twitter.com/Nem_0000?s=20

記事一覧に戻る

RELATED POST

PICKUP ITEMS